スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトン 少女マンガと私 

○○と私バトン
回してくれたマイコさんの映画監督と私を改造して
少女マンガと私で。

1、パソコンまたは本棚に入っている少女マンガ
樹なつみ「OZ」
今市子「百鬼夜行抄」
船戸明里「アンダーザローズ」
三原順「ムーンライディングシリーズ」
萩尾望都「半神」

続きを読む

スポンサーサイト

ベルガリアード物語 

ディヴィッド・エディングス「ベルガリアード物語」太古の昔、莫大な力を秘めた宝石“珠”をめぐって神々が熾烈な戦いを繰り広げた。…老人ウルフの語る神話は、平和な農園で暮らす少年ガリオンの一番の楽しみだった。しかし少年の人生はある日を境に一変する。
アマゾンより。

雰囲気としては先年大ヒットした指輪物語の簡易版と言うかライトノベル版と言うか。
伝説の血筋の持ち主が、魔法使いと一緒に悪神を倒すという…。
神々の兄アルダーが力を込めた珠を、邪な心を持って弟神トラクが奪ったことから悲劇がはじまります。トラクは己の野望のために珠を使おうとして失敗し、その美しい顔と半身を醜くただれさせることとなります。
悪神と化したトラクを何とか封印することに成功した魔術師ベルガラスとリヴァの王達でしたが、トラクは完全には死なず、復活の時を眠りの中で虎視眈々と狙っていたのでした。
トラクを完全になきものに出来るのはリヴァの血筋のもの達だけ…しかしその血筋はもう長いこと行方不明になっていた…。
英雄物語の基本を踏襲しながらもこの物語が独自性を失わないのは際立ったキャラのおかげでしょうか。

続きを読む

Under The Rose/船戸明里 

Under The Rose/船戸明里幻冬舎コミックス

webコミック誌「スピカ」にて連載中の19世紀ヴィクトリア朝英国の伯爵家を舞台としたコミックス。
漫画を読む層にに人気…、なので平積みしてある所を見た方多いかと思いますがいかかでざんしょ。
19世紀のヴィクトリア王朝といえば近代と現代の狭間、かの切り裂きジャックが活躍した舞台、光と闇が交錯する耽美な世界が魅力だと思うのですが…この作品も精緻なペンタッチで描かれた美しい絵が魅力です。
特に女性のドレスのレースに注目!!細かい~!

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。