スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっふもふー「こぎつねヘレン」 

こぎつねヘレン」2006年

北海道に母親の都合で転向させられた太一。彼は自分と同じく母親に捨てられた、とおぼしきキタキツネの子供を拾う。ところがこのこぎつねは目も耳も不自由なまさに「ヘレン・ケラー」のようなきつねだった。

まーなんともふもふふさふさのこぎつねたんが愛らしいこと。
友人と二人で観にいきました。
なんだろ、とりあえず可愛いこぎつねとなんか眉毛つながってるんだか途中でとぎれてるんだか、ちょっとブサ可愛い太一君の交流がなんとも微笑ましい。
太一の居候する矢島診療所の獣医師に大沢たかお、かれの鞭男コスプレも笑顔がこぼれ………大沢さんったらお茶目ねえ…と少しばかり遠い目に。めざすキャラはそれでいいのか!(笑)
奔放なカメラマン、松雪泰子ふんする母親は登場シーンで呆気にとられたけれど、矢島医師の優柔不断紙一重の優しさとか浮き彫りにするのにいいキャラだったんじゃないかな。
また、矢島家の娘役。小林涼子ちゃんも生意気そうで素直じゃないけど優しくて…という最近流行のツンデレ属性をよく表していて(?)すばらしかったと思います。
元気になる「おまじない」私もやりたいな、と思いましたもん。

ちょっとばかしちゃち過ぎるCGに同行の友人様は憤慨していましたが確かに映像は「あー、二時間ドラマだー」と思うようなつくりでしたね。
あと話も意図的に子供向けにわかりやすく直接的につくってるのかな?という感じ。わざとらしく説明的な台詞も多々ありましたが脇役までなんだか印象的で「ああ、愛がこもってる~」と思いました。あと、展開がうまいなあーと思った。わざとらしいシーンはいっぱいあったけど、余計なシーンってあまりなく、きちんと管理されて作られている印象。確か感動を狙いすぎている感もありましたが心にじーんとひびくものはありましたよ。へレンが幸せだったかどうかはヘレンにしかわからないですけど、生まれてきた以上、やっぱり生きていたいのはどんな動物も同じなんじゃなかろうか。
癒されたい方は水曜日あたりに行くといいと思います。

あとお犬様のロッシ可愛すぎだろ、たまらんぜー

スポンサーサイト

今日のアレコレ 

・WBC勝ったね!
・下の記事で上原じゃ駄目だとかふざけたこと言っていてすいません。
 ちゃんと野球観戦の練習しよう…(今年は球場に行くぞー)
・職場のバイトちゃんが一人卒業悲しい。
・バイトちゃんの研修交通費三千円を立て替えたために金が更にピーンチ。
・もういいや、と貯金下ろしました。バンザーイ。
・明日は大学の卒業式です。友人様の卒業祝いに行ってくる。
・乙女ゲー(恋愛シュミ)に好きキャラが出ることが判明したので特攻決定。生涯一オタク。
・FF12面白そうなので整骨院の兄ちゃんにプレイ後譲り受けようと画策中。
ネウロの歌を作成していらっしゃる方がいらして感動しました。魔人探偵脳噛ネウロ/松井優征(週刊少年ジャンプ)今、ジャンプで一番面白い漫画。多分ね。
・愛と死をみつめてドラマ版、広末可愛かったね。でもいい加減他人様の恋愛事情に感動する生活にはいい加減どうかと思います。
あと二ヶ月で二周りー!

そんなこんな。

最近のスポーツ 

WBCのボブ・デビッドソン審判が素敵過ぎてどうしよう。この世界基準=ステイツな具合がワタシユルセマセーンこれ何回見てもタッチアップ成功デース

とりあえずディビッドソンには納豆一年分とメキシコの激辛タコスを一年分口の中に押し込んで差し上げたいデース。恥だろ。普通に。
ずるっけにずるっけを重ねて厚顔を謀略で上塗りした挙句に正々堂々と勝負したメキシコに文句なく完膚なきまでにアメリカが潰されたので、ああ、野球のカミサマっているんだなあ、と生まれてはじめてイエスキリストの存在を信じてもいいかという気持ちになりました。

明日は日韓戦。負けたら韓国に好敵手と見てもらえなくなるので勝って欲しい。負けっぱなしじゃ、悔しいじゃない。
イチローはいつも自信満々でスカしてて、いけすかない感じがいいのであんまりしょんぼりした姿はみていたくないな、いたたまれなくて。あと、出来たら王監督を胴上げしてあげて…王監督が好きなので。(鷹ファン)

マラソンの弘山選手、37才で旦那さんとともに勝ち取ったマラソン優勝、すごいなあと思いました。京都でもハーフマラソンがあるんだけど一回出場してみたいなあ。最高で10キロくらいしか走ったことないんだけど手近に10キロの走る大会ないかな。

パラリンピック、メダルラッシュ。日本の選手に限らず、選手の意識が強い「高い」でなくて強い。アルペン東海選手の銀メダル獲得後高校三年生の三沢選手がうれし泣きをしていて、ちょっともらい泣き。辛いところから立ち上がる強さ、を感じました。
それに比べて私の精神はあまっちょろいなあ。と反省。不屈の人ってカッコいいよね。オリンピックのときに一部の選手が口々に楽しめればいい楽しめればいいと言っていたけれど、傍観者である観客にアレコレいう資格はないと思っていながらも、楽しみたいだけなら競う必要ねえじゃーん、としらけたのも確か。観客は無責任に期待を抱いて、勝手に作り上げた理想に対して失望しちゃうのです。まあ、楽しむだけなら税金使わなくたってさー。自費…でとか…。結果がどうではなく、楽しんでるなかにも、勝利への渇望がない選手は、やはり観ている者の心を打たないものかも。そういう意味では越選手なんか、あの年令でなお現役続投、…正直すごいと思います。
私に資金があればなんとかしてあげたいよ…。常に挑戦者。そしてパイオニア。後に続く人が来ればいい。

巨人の藤田元監督の追悼試合。
彼が巨人監督をしていた頃は桑田が大活躍だったのを懐かしく思い出します…私幼稚園だけど。あの頃はまだ鷹がよわくてねえ…ついつい巨人に浮気をば。
巨人の現状の何がいかんかと言えばブランドを無視しているということかなあ。チームカラーを背負える選手がいない。生え抜きとはいえ例えば上原じゃ弱すぎる。巨人の生え抜きの選手って蔑ろにされすぎだと思う。育つ前に他球団の選手が来て、出番を捕られやがて腐ってしまう。完璧なるヒーローには血筋(ようするにルーキー時代からずっと巨人)という条件が必須なわけで。元木選手を切ったときに巨人のすべてが終わったと思いました。強い選手をつぎはぎしたってそれはメッキだもんね……。今十二球団で強い所はロッテにしろ鷹にしろ阪神にしろ選手を大事に育ててきたところばかり。
巨人はトップのナベツネを下ろさない限り、そして後裔を育てる努力を十年しない限り再生しないでしょうね…條辺やめさせたのは失敗だったんじゃない?二流の選手を一流に育てるのが球団の仕事でしょうに。
……楽天が五年後にはきそうだな。このまま堕落した巨人を見る位なら、いっそ悪役キャラに徹して反則ばっかりやってりゃいいんですよ。そんときは審判はディヴィッドソン呼んで来るべきだな。

日韓戦もボブなわけです…ウヘェ…

あ、なんか愚痴になった…
観客は勝手ですね。

現実ってアンフェアだよね「推理小説」秦建日子 

ドラマアンフェアの原作、作者さんはきょうこ、と読む女性の方かと思っていたら「たけひこ」さんと仰る男性の方なんですねえ。
かわっとる。

suiri.jpg


主人公の女刑事雪平は「無駄に美しい」×イチ子持ち。過去に犯人を撃ち殺してしまったがために離婚をし、また実の娘からも面会を拒否されている。頭の中で篠原涼子が浮かんでくるのですんなりと入れます。
事件は公園で惨殺死体二対が発見され、さらにはその犯行がことこまかに書かれた「小説」が犯人から送られてきたことから始まる…。

ドラマが面白そうだったので小説を読んでみたのですが、正直軽いなあという印象。登場人物が多すぎ、しかもその人物どれもにエピソードが多そうなのにそれは掘り下げられずに上滑り。
描写や会話など「ああ、それあるあるわかるわかる」と思うシーンはあるのになんだか入り込めない。
そして最後まで、こんなんありかー!と消化不良なまま終わってしまうのですが、言われてみりゃあ現実ってそんなものよねえ、という気持ちも。

作者さんは脚本家。
小説と脚本は同じようで違うものなのだな、と。
篠原をイメージしたらしき女刑事の言動や思想は潔くてカッコいい。あと、台詞まわしが素敵でした。
また、脇キャラの安藤刑事(ドラマだと瑛太さん)や作家の久留米など、魅力的な登場人物が多数います。……面白くなりそうな要素がちりばめられたまま、何か知らないままおわっちゃった~&「毎回すっきりする物語ばっかり製作するのに俺は嫌気がさしたんだ」という作者の愚痴り?が込められた作品だったのかなーと思いました(ちゃうか)小説を先に出した意図が不明。

セピア色「上海少年」長野まゆみ 

題名に惹かれて借りました。
長野まゆみさんは少年を美しく描くことに定評のある作家さんのようで。少年=穢れる前の無垢な存在、という幻想ってありませんか。
女性は長じてもきれいな人は美しいままだけど、少年のきれいな部分って大人になったら根こそぎ奪われるような気が…しません?
喩えて言うならウィーン少年合唱団の歌声
刹那の尊いものってありますよね。

そんな一瞬のセピア色の写真を集めたような短編集。

「雪鹿子」取り戻しようもない時間を切々と憎む女性と、彼女のかつての思い人と儚げな少年その三人との感情のすれ違いがやるせなく。最後の歴史事件であらわされる不穏な空気にこんな手法もあるんだなあと感心。
淡々と展開される物語のいずれにも登場する、少年と対比して描かれている小悪魔的な女性も見所の一つだと思います。我侭で美しい女性にちょっと振り回されてみたいな。
もっと詳しく知りたいなと思われる方は「残花」さんで。詳しく解説していらっしゃいます。
最後の短編「白昼堂々」はシリーズ化されたようです。こちらは美少年同士の淡い恋心込みの友情ですねー。

残念ながらワタクシ、美少年同士の組み合わせにはときめきを感じないので微笑ましく見守るだけです。殿方同士の恋愛は、粗野な受がセクシーですわよね(cなるしま●り)

春風みたいな読後感「桃花源奇譚」井上祐美子 

晋の太元中、武陵の人、魚を捕るを業となす……
ではじまる中国の伝説を御存知の方も多いかと。
桃花源、不老不死さらには不病の人々が暮らす夢のような里の話です。その伝説と北宋
の皇位継承を絡めた中華ファンタジー。

「桃花源奇譚」全四巻。
30782101.jpg


貴族の子弟白戴星と科挙試験にわざと落第した秀才、希仁は旅芸人の美少女、宝春を助けようとして出会います。
旅芸人である彼女が狙われるのは、「桃源郷」の末裔だからだというのだが……。

やんちゃな戴星少年にふりまわされる周囲が微笑ましいことこの上なく。北宋時代の描写が実に分かりやすいので、中国史に詳しくない人間でもすんなりと入って行けました。キャラがいい味を出していて文章にも疾走感があり、一気によめます。
ファンタジー要素もありますが、冒険活劇な部分多し。

続きを読む

三侠五義 

オッス、オラアキバ系!(←この挨拶はやらせたい…w)

初恋の人はブラコンでショタコンでその上ホモでした。やしろです。
障害は彼が二次元の人物だったことですが、私ヲタクの身ゆえ、なんら問題はありません。
…人生に一片の悔いもねえ…

まあ、そんなおたくで眼鏡属性の私ですが、そんなオタク人生の中で、もう一つ属性を挙げるとするならば、私チャイニーが大好きです。なんかもう、上海少年とか聞くと衝動買いしてしまうくらいにはときめきを感じます。
おそらくちっちゃい頃読んでいた横山光輝さんの三国志や人形三国志の影響だと(無理やり全うな方向に行かせてみますが)思いますが、最近その熱がぶり返してまた中華小説読んでます。
家の本棚にあった宮城谷とか陳舜臣とかを読んでたんだけど図書館で見っけた井上祐美子女史の「桃花源奇譚」を何気なく読んだらすっごい面白かった。
私やっぱり、ラノベテイストが好きだなあ。
氏が作家の狩野あざみさんと同人誌やっていたと知ってかなーりびっくり。テンポが独特で好きな作家さんだたんですけど、今はアンソロ位しか書いてらっしゃらないみたいで無念。)
で、「桃花~」の登場人物の白玉堂にはまってしまい、そして彼が実は中国ではものごっつい有名人だということを知って、今彼に関する文献をあさってます…中国好きとか言うくせに無知で恥ずかしい。

白玉堂という人物は日本で言うねずみ小僧、ただし殺しも喧嘩もするし陰険で傲慢な…しかし美青年(コレ最重要)と言う人物なのです。「水滸伝」などに並ぶ「三侠五義」の登場人物。…三侠五義、読んだことないよ~読みたいよ~!

明日は図書館いけないからストレスたまるよう~

今から徹夜で書類仕上げなきゃなのでした…。
とほ…(早くやればよかったのに!)

脳内イメージはドラマ版「いま、会いにゆきます」市川拓司 

映画もドラマも見ていないんですが、小説をかりてきました。

日常生活を送るのに支障がある難病持ちの「たっくん」と死んだ妻、澪と一人息子裕司の物語。
死んだ妻が幽霊として生き返り、三人の穏やかな生活が続く…やがて別れのときが来て。という話の筋は単純。

雨の季節特有の、匂いたつような、ちょっと湿った静かな文体が好きでした。淡々としてるんだけど、下手にお洒落気取ってなくて、鼻につかない感じ。
あと息子の裕司くん(6才)や犬のプーの「~~?」という仕草が眼に浮かぶようで可愛らしい。
この作品が、作者の実体験をもとにしているというから驚きです。
たっくんと澪のように自然に、しかも一途に誰かを好きになれたら素敵ですね。

映画主演、中村獅童は本読む限りイメージとかなり違うのですが、中村さんかなり好評でしたよね。
非常に気になるので、映画も観たいと思います。

下は非常に致命的なネタバレ。

続きを読む

世界は美しいんだよ…「卵王子カイルロッドの苦難」冴木忍 

私にとってのライトノベルレーベルと言えば、富士見ファンタジア、角川スニーカー。小学生だった時分、私の身辺では「スレイヤーズ」の神坂一が大流行でしたが、彼と同期受賞者にしてロードムービー冒険譚の名手(だった)冴木忍さんのこのシリーズにも大はまりしていました初連作シリーズにして最高傑作。

「卵王子カイルロッドの苦難」(全九巻/富士見ファンタジア文庫)

城塞都市ルナンの王子カイルロッドは盆栽が趣味の心優しき青年。
そんな彼のあだ名は「卵王子」
彼は何の因果か卵で生まれてしまい、我が子を見た母親がショック死してしまったという珍妙な過去を持つのだ。そのおかげで、見合い相手から逃げられることが王子の最大の悩みなのだが……。
ある日婚約者から逃げられた自棄酒の挙句、街中で飲みつぶれていたカイルロッドが眼を覚ますと、とんでもない事態が起こっていた。

ルナンの町の人々が、皆石化しているではないか…!

続きを読む

ひどい話だわ。一澤帆布のバッグが! 

京都が誇る使いやすいバッグ、一澤帆布店さん。
丈夫な布で作られた手作りのバッグで、しかも修理までして下さるということで愛用していた方も多いと思います。一店舗のみの販売で卸売り無しなのも人気の秘密。京都に住む人なら何らかの形で大抵持ってるんじゃ?ってくらいの人気店。

私自身、図書館とか行くときにすっごい重宝していたんですが。

財産争いと言うか、色々でその一澤帆布店が会社存続の危機らしいですよ。取引先の方に聞いてびっくり。

一番詳しいのはこっちかな…


どんな形でも存続すればいいと建前では言うけどやっぱり看板を取られるなんて悲しすぎるよ!!その印だけお土産感覚で欲しいな、と思う時だってあるわけです。金銭的にすごい痛手。
商標も宝だったと思うので、すごく残念です。これからバッグ作りに全く関わったことの無い長男さんが裁判で得た商標使って会社続けると仰ってるらしいですが…。
っていうか、裁判官もひでぇよ…。なにやっとんだ最高裁!!
で、社長さんが長男さんになった途端、従業員さん全員会社辞めたそうな…そら、いきなり知らんおっさん(しかも経験ゼロ)が「私が社長」とかやってこられても困るよねえ…。
自分の会社なら万々歳だけど…

一消費者の自分にとって、遺言書の真贋はどうでもよいのです。しかし、看板だけ本物で中身は…な商品は買いたく無い!たとえごえんだよチョコがゴディバの包装紙に包まれていようとゴディバのチョコにはなれんのじゃ!
今の社員さんがたが、今まで通りの店が続けられることを祈ってます。っていうか、トートバッグ…(ToT)
トートこの前母にあげちゃったんで新しいの買おうかしら♪と思っていた矢先…すっごいショックです…。新しいブランド立ち上げが上手くいくとよいですね。本当に切実に願ってます。

真面目に働いてきた人にこんな仕打ちは辛すぎる。
と、いいますかこんなにあからさまに内情が分かっているのに「一澤帆布」の下で働きたい人…いないんじゃ。


応援する会

応援することしか出来ないですが、こっそり応援しときます。興味のある方は是非ご覧になってくださいませ…。

色バトン 

私今日はお友達と宝塚にベルサイユのバラを観にいってまいりました。主役の朝海さんは美しかった
しかしオスカル様がはりぼてのペガサスに乗って上空を彷徨われていらっしゃった!のが非常に観ていて辛かった。笑いこらえるのに必死で死ぬかと思った!また感想書きたいな。

キューティーハニーにそっくりの39☆SMASHのマイコさんから頂きました!(笑)
ありがとうございます。早速答えたいと思います。
色バトン。

Q1 自分を色に例えると?

マイコさんにはこんな色という感想だったんだけど。うん、まさにそんな感じ!ラッキーカラーだと勝手に決めてますよ。後はこんなんかな自然派色でwマイコさんはオレンジですね。とにかく明るい感じ!

Q2 自分を動物に例えると?
犬だろうなー。常に食べ物と遊ぶことしか考えて無いようなワンコ…ってうちのわんこどもの事です。
rr.jpg

続きを読む

死刑は殺人か「モリのアサガオ」 

新人刑務官及川と死刑囚渡瀬との魂の交流を描く。郷田マモラの渾身の作。

sakanai.jpg


はじめに言っておきますと私は死刑肯定派です。自らの命を絶つ覚悟がなくて他者の命をもぎ取るのは卑怯だと思うから。


死刑は必要な制度だと思うか 「YES」
友人や家族を殺されたなら、犯人に死刑をのぞむか 「YES」

では、その犯人を果たしてその手で死に至らしめ、殺人を犯すことができるか。

答えは「NO」、です。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。