スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「噂の男」作:福島三郎 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 

「噂の男」
今日は友人二人と観劇でした。
福島三郎作:ケラリーノ・サンドロヴィチ演出
「噂の男」
出演は堺雅人さん、八嶋智人さん、橋本じゅんさん、橋本さとししさん、山内圭哉さん他。

ある演芸場の舞台裏、「勉強」と称して売れない先輩漫才師、骨なしポテトの妻とよろしくやっていたピン芸人坊ちゃん(山内)の前に、一人のボイラー技師が現れた。
今日は、十二年前に死んだ伝説の漫才師、パンストキッチンの彬(橋本さとし)の命日。演芸場の舞台裏に設置された旧式のボイラー事故で死んだ彼の供養のために毎年この日には調整が行われるのだ。
笑顔を絶やさぬ支配人鈴木(堺)がぽつりと口を開く、「まだ新米の頃にね、僕は彼らのマネージャーをしていたんですよ」
十三回忌の今年この日に、ひきよせられるかのように集まった芸人達。
舞台は十二年前へと遡る…彬の相方ほっしゃん(橋本じゅん)は彬人気で持っている現在の状況に荒みきっていた。
banner_02.gif
ランキング参加中

続きを読む

スポンサーサイト

福岡人バトン 

面白そうなのでやってみました!

続きを読む

革命をおこさないか、この国に「断鎖」/五條瑛 

R/evolutionシリーズの第一弾「E」にあたる第一弾。
せっかく自分の中でごじょぶーむなので。革命シリーズをよみなおしよみなおし。

日本は、密入国者天国…毎年千人を越える密入国者が捕らえられ、日本から本国への強制送還されているそう。
「旅行者」たちのいるところにツアーコンダクターの影あり、ということで、…有名どころでは「蛇頭」とか。
本作の主人公亮司も蛇頭と同じく密入国を斡旋する零細企業に籍を置く一人。彼を見えない鎖で縛り執拗に追跡する両親から逃れるように大学をドロップアウトしたあとは、人に言えない仕事を転々としながら東京の最下層をうろついている青年。

そんな彼の「会社」が襲撃され、謎の男(←しつこいけど登場人物紹介にそうかいてあるんだもんw)サーシャに操られるまま、彼の仕事を請け負う羽目になり……

banner_02.gif
ランキング参加中

続きを読む

欲望渦巻く新宿の明日はどっちだ「愛罪」五條瑛 

R/evolutionシリーズ、第五弾。

新宿を舞台にしてさらに多国籍がしのぎを削っています。

ヤクザ、マフィア、流れ者、無法者、スパイ、女、麻薬、堕ちた聖女、夢見る若者、それからすべてを手にしてもなお、満たされない男…。
五條作品の登場人物はみなしたたかで残酷です。
今回、謎の男(←だって、登場人物紹介に書いてあるんだもん(笑))サーシャと彼の今のところの協力者、多国籍の若者達のグループ、UK-xと政治家や実業家にカリスマ的人気を誇る占師ドゥルダが標的にしたのは大手企業、長谷川製薬の三男満男。
彼の父は四人の愛人を持ち、そのすべてに子を産ませ、引き取り養育していたが、その一方で子供たちに全く愛情を抱いては居なかった…。
子供たちの母親はすべて行方不明、満男はドゥルダに母を捜すことが人生を拓く道だと助言され、フリーライターの亘に母親の捜索を依頼するが…

banner_02.gif
ランキング参加中

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。