スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚星組公演「さくら」「シークレットハンター」 

宝塚に行ってまいりました。
ショーの「さくら」
と後半は劇の「シークレットハンター」二本立て。
安蘭 けいさんお披露目公演です。


さくら、は妖しいダンスを想像していたのですが、意外や意外コミカルな仕立てもまざり、なかなか面白かったです。
しかし。
なんといいますかそれだけに的が絞れてなくて冗長な感じがいたしたかも。コミカルなのか妖しいのか…
ただ二番手、柚希 礼音さん扮するへたれお内裏様がよかったです。
そのあとの狂言チックな花見、自分が狂言をしていたこともあって、色々とにやにやしてしまう場面がありました。
狂言指導は忠三郎さん。やはりなw
全体的に、このダンスが、歌が…という印象が残っていないので…うーん。どうなのかな。

「シークレットハンター」
基本的にドタバタコメディ。私、児玉先生の作品は始めて拝見したのですが。同行の友人は詰めが甘いと文句タラタラでしたが、私は好きです。キャラを持ち腐れている脚本が多いなか、捨てキャラが一人もいなかったと思うの。あと、筋は見え美枝だったかもしれないけども、ものすごーく会話のテンポが可愛くてえがった。
最期たたみかける展開には「え!それあり?」と言う感じの自棄気味なラストなんですがその勢いは素晴らしい。絶対この人脚本家より小説家よりなきがする…。
そして、よく考えたら星組初観劇だった。
いい男役揃ってる!!とおこさんよりも、むしろセルジオ役のレオンさんが光り輝いていてそれどうよ、と思ったのですがマックス涼 紫央にときめいた。むちゃくちゃときめいた。いいじゃんいいじゃん、このすました顔が憎いぜ。

星組は、次の世代をどうするか暗中模索しているのかな。
誰をどう生かすか、それを探ってのこの劇かなと思いました。各人の個性が見えたいい劇だったと思います。
しかし、せっかくのとおこさんのお披露目公演、それでは待ちわびたファンが悲しいのでは。
同行の友人と話していたのですがやはり二番手の頃のほうが男役さんは輝いていますね、重圧に負けずに輝き続けることが出来るのは本当に難しいと思う。お披露目としてはちょっと不満な演目であったことも確か。

次回は彼女の美貌、歌、ダンスと三拍子揃った才能を生かせるトップのための演目を上演していただけたらなと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。