スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球はあと何年もつのかな。「獣王星」樹なつみ 

「獣王星」樹なつみ/白泉社
kemono.jpg


少女漫画家で最も男性ファンを持つ一人(じゃないかなあ?)にして北欧系の美形を描かせたら右に出るものはいない(と思う)樹なつみ先生の「獣王星」。近未来SFです。
氏の別SF作品「OZ」も好きなんですがアニメ化ということでこちらを。

コロニーで高級官僚の息子として何不自由なく生きてきた双子の兄弟「トール」と「ラーイ」。彼らの未来は輝かしいものに思われていました。

ところがある日、彼らの生活は一変します。

両親は政争に巻き込まれた挙句惨殺され、双子も犯罪者の流刑地、「獣王星」――キマエラへと送り込まれます。暗殺の首謀者にしてコロニーの支配者オーディンへ復讐するためには、このキマエラを脱出するしか方法はなく…そのためにはキマエラを統率する王「獣王」となるしかない…!
復讐を誓い逞しく生きようとする「トール」と、キマエラの過酷な現実に適応できず、次第に精神を病んでいく「ラーイ」。

二人の行く手に「希望」はあるのか。

連載は十年にわたり94年から04年までですので、私一巻を読んだ当時十四歳。中学真っ只中。生き残るのって大変だあ!となんどもシミュレーションした覚えが…。

私三日で死ぬわ…。

獣王星は流刑地ですが、犯罪者ばかりがいるのではありません。むしろ恐ろしいのはそこに住み、原住民と化しているキマエラ人。
彼らは生きるために貪欲で正直で残酷です。自分のためなら簡単に人を殺すし、だましもする。その性質はまるで獣の如し。
ただ、彼らは人種ごとに作られた「輪」(リング)のおきてには従順です。だって、輪に逆らったが最後、マイナス四十度という極寒の冬の中で生き残れませんから…。 どんな過酷な世界でも人間は群れなければならぬ、という事実が一番怖いかも。(ちなみに冬の間は子作りの期間で希少価値のある女がパートナーを指名する、という制度があります。男は拒否できないのです)

生き残るために、そして這い上がり親の仇オーディンを打ち倒すために主人公トールは「輪」の中へと入っていきます。しかし、それは自らの肌の色「白」ではなく、茶色い肌をした人種が形成する「茶(オークル・リング)」
そこで出会った組織のナンバースリー、本名を持たぬ謎の男通称「サード」はトールに執拗に絡み、彼を獣王星の王にしようと画策しますが…彼が、なんっともニヒルでカッコいい!
なんでも出来ちゃう男なのに頭はるのは面倒だし二番目もきつい。楽で威張れる三番目がいい(意訳)としれっと行っちゃえるこの憎さよ!多分お読みになる女性の四割は彼に心奪われると思いますねー。
彼はこの後トールの良き相談者、そして力強い(けれど油断のならない)仲間として行動をともにすることとなります…。

ラストの五巻目が駆け足になっちゃってストーリーに破綻…とまでは行かなくともキャラの一人ひとりの置いてけぼり間があったのがのが残念なんですが、全五巻でこの内容は濃い!と思います。猿の惑星好きな人とかには受け入れてもらえ易いかも。

どこかに所属しないと生きていけない人間の「種としての」弱さ、を感じました。どこに行っても何をしていても、きっとどこかに帰属することを人間は望むんだと思うけど、それに寄らないで一人で立てる人間を「強い」と言うんでしょうね。

それで言うならトールの「いちばんめに子供を生む候補(笑)」いっつも元気でちょっとお馬鹿ティズちゃんなんかは強くて大好きなヒロインでした。難しいこと考えすぎちゃうトールを、いっつも励まして笑わせてくれる。ちっちゃくて可愛いし
アニメで動く彼らを観るのが楽しみです。

関西でもちゃんとやるのよね?

スポンサーサイト

Comments

たいへん遅れまして…

こんにちは!
大変遅くなりましたが
TBありがとうございました。
今度のアニメ化楽しみですね♪
応援しましょうね~^^

ナトリウムダイエットについて

ナトリウムは食塩のことです http://mayoress.crosstudio.net/

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://yashiro5.blog40.fc2.com/tb.php/19-1fa11911

希望という名前

引き続き未来シリーズ。   ~果たして本当にパンドラの箱からヤツは最後に出てくるのか・・・っ?!~『獣王星』 『獣王星』1~5 / 樹 なつみ舞台は西暦2436年、地球に住めなくなった人類が宇宙に飛び出し、惑星を環境改変したり、コロニーを飛ばしてみたりと突
  • [2006/02/03 23:45]
  • URL |
  • 映画 本 コミックレビュー●うきうきウォッチン● |
  • TOP ▲

獣王星/樹なつみ

獣王星 5 (5)樹 なつみ 西暦2436年…の話です。主人公はトールとラーイと言う名の双子の男の子。バルカン星系では特権階級は環境の整ったスペースコロニーに住んでるようだ。しか
  • [2006/02/19 13:39]
  • URL |
  • なれのはて |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。