スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三侠五義 

オッス、オラアキバ系!(←この挨拶はやらせたい…w)

初恋の人はブラコンでショタコンでその上ホモでした。やしろです。
障害は彼が二次元の人物だったことですが、私ヲタクの身ゆえ、なんら問題はありません。
…人生に一片の悔いもねえ…

まあ、そんなおたくで眼鏡属性の私ですが、そんなオタク人生の中で、もう一つ属性を挙げるとするならば、私チャイニーが大好きです。なんかもう、上海少年とか聞くと衝動買いしてしまうくらいにはときめきを感じます。
おそらくちっちゃい頃読んでいた横山光輝さんの三国志や人形三国志の影響だと(無理やり全うな方向に行かせてみますが)思いますが、最近その熱がぶり返してまた中華小説読んでます。
家の本棚にあった宮城谷とか陳舜臣とかを読んでたんだけど図書館で見っけた井上祐美子女史の「桃花源奇譚」を何気なく読んだらすっごい面白かった。
私やっぱり、ラノベテイストが好きだなあ。
氏が作家の狩野あざみさんと同人誌やっていたと知ってかなーりびっくり。テンポが独特で好きな作家さんだたんですけど、今はアンソロ位しか書いてらっしゃらないみたいで無念。)
で、「桃花~」の登場人物の白玉堂にはまってしまい、そして彼が実は中国ではものごっつい有名人だということを知って、今彼に関する文献をあさってます…中国好きとか言うくせに無知で恥ずかしい。

白玉堂という人物は日本で言うねずみ小僧、ただし殺しも喧嘩もするし陰険で傲慢な…しかし美青年(コレ最重要)と言う人物なのです。「水滸伝」などに並ぶ「三侠五義」の登場人物。…三侠五義、読んだことないよ~読みたいよ~!

明日は図書館いけないからストレスたまるよう~

今から徹夜で書類仕上げなきゃなのでした…。
とほ…(早くやればよかったのに!)

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://yashiro5.blog40.fc2.com/tb.php/37-7150dc44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。