スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝の持ち腐れだったわ「暁のローマ」宝塚月組/演出木村信司 

本日宝塚月組公演に行ってまいりました。
コアなファンってわけじゃないんですが年に三回か四回くらい宝塚には行っております。



今回は今までの中で一番ひどい脚本演出でした。もう、金返せー馬鹿!って感じ。後半のレビュー(歌とダンス)はすばらしかったんだけど。

今回は古代ローマを舞台にしたロックオペラで
カエサルの暗殺をめぐるブルータスの苦悩を描いた作品でした。

カエサルのまるでギリシャ彫刻?みたいな轟悠さんやら月組TOPの瀬奈さんはじめ皆さん歌は上手い(月組は特に歌が上手い人が多いよね)演技はできる、ほんとスターぞろいよねえって感じだったんですが。


ひたすら話がひどかった…orz


カエサルが民主義のローマの中、戦争に勝ち国を富ませていくにつれ次第に英雄視されていってしまい、王と目されていく。そのことに危惧を抱いたブルータスがローマのためを思って彼を愛しながらも殺し、しかし自身も民衆の怒りを受けて滅びてしまう…とこういうあらすじなんだけど。

キャラの造詣がひたすら薄いように感じました。乱暴な言い方をしたら誰が何役やっても一緒の芝居になっちゃうんじゃない?っていう感じ。
カエサルが結局王になりたいのかどうか不明だし、ブルータスはカエサルを尊敬していたって言う割には絡みが全く無し、ただ歌ってるだけ。
その薄い関係性しか見ていない観客には「ブルータスのような高潔な人物になら殺されても仕方ない」とカエサルほどの人物が人生を諦める理由が不明。

しかも轟悠ほどの名優を使っておきながら彼女は今回ただ美女相手に微笑んで存在感示して両手を広げる以外の何も出来ないんです。かっこよかったけどかっこよかったけど…
群集は歌詞の稚拙な歌(しかもロックとは程遠い歌を)繰り返すだけだし、
ヒロイン演じるブルータスの妻は妻でカエサルに父親を殺されたという伏線があるにも関わらずなんの意味も無いし(父親を殺された恨みをブルータスに晴らしてもらうために夫を唆すとかいう動きがあればともかく、なんの動きも無く愛のためにローマを滅ぼしなさい~とか進めた上で自分は狂ってるし。行動に一貫性が無い)すべての伏線がそんな感じ。ばらまいただけで回収されていません。面白く出来る要素はあるだろうに努力を怠ってないか?と…

はっきり言えば本当に脚本が駄目駄目でした。

何もかもが中途半端!
超高級食材をそろえたのに百円ショップのソースで調理されて出されちゃって悲しい。
そんな気分。



前から思っていたけど数ある劇団のうちでも宝塚の脚本の不味さは屈指ですよね。がっかりしたのは今回だけじゃない。けど今回は本当にひどかった。ファンはスター目当てに来るからそんなに力いれなくたって興行は成り立つでしょうが。内部でもうちょっとコンペとかプレゼントかチェックとかどうにかしたほうがいいと思いました。

曲も曲でどこがロックか不明。ついでに言えばオペラでしたほうが絶対良かったよコレ…banner_02.gif
ランキング参加中

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://yashiro5.blog40.fc2.com/tb.php/66-f7840077

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。