スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩って平和の象徴だよね/紫嵐 violet storm/五條瑛 

革命シリーズ「R/evolution」の第二巻。

男は少年の不思議な瞳と希望に満ちた言葉に胸を熱くする。
「同志になろうよ…この国を、この国にいる人たちがいらないというのなら、……僕らがもらおう」

新宿を根城にする多国籍の一人、カンボジア難民であるキュー・ティット。日本名で鳩と言う名を持つ彼は、社会の底辺で正体の知れない怒りを燻らせていた。
そんな折、鳩の相棒、タイ人のチューンが姿を消す。しかもチューンは女衒、花月の殺害嫌疑がかけられていた。北京系マフィアに命じられ、チューンを探す鳩。そんな中、彼は顔も、体も無残なまでに傷つけられた女、亜由を拾う。
banner_02.gif
ランキング参加中

革命シリーズは毎回主人公が違いますが、今回はカンボジア難民であるが主人公。
史上類を見ない同民族虐殺、ポルポト派の粛清を辛くも逃れ、日本で難民認定されてからも底辺で生活している鳩は、難民仲間で彼の保護者である井口の言うとおり「危ないほうへ」とひきつけられてしまう性格。
今回もチューンの行方を捜しながら自身も危ないほうへ危ないほうへと巻き込まれていく。破滅的。

ほんっっとどうでもいいけど、彼の養い親の井口の苗字と「日本人だけど顔立ちは東南アジア」で鳩イメージはホ○イトソックスの井口さん。
個人的趣味ですよ、どうせ。ホークスに帰ってこんかなー。
hatoiguchi.jpg

脳内イメージ=彼で読み進めるとかなり楽しいです。ほんっとどうでもいいけど。
革命シリーズではこの話が一番好き。刹那的で破滅的で女にはちょっと甘い鳩がすごく魅力的。悪い人なんだけど、だからこそ時折見せる弱さとか優しさにくらくらっと来ますな……あー私も井口にくどかれ(ry


戯言はともかく、鳩は一見穏やかそうですが、何かに対して常に怒っている人だな、という印象。噴火前の火山みたいな。自分に対して、世間に対してか、あるいは運命と言うものの不条理にか…心底にくすぶってる怒りが「誰かを殺さないと、誰かに殺される」という不安に繋がるのかな、と。まさに彼はそのまま実行に移しちゃうんですけどね。鳩を取り巻く環境は一巻の主人公、ちょっとチンピラの亮司と違いさらに血と暴力と薬と金にまみれていてハードボイルド度が五割り増…。
全ての難民や在日外国人がそうではなくとも日本は…というより祖国を捨てた人間にとって、異国は生きづらい場所なんだろうな、と。
祖国があり、なんでも持っていながら要らない、と簡単に投げ出す日本の若者=私はなんて傲慢で愚かだろうと反省したりも。日本なんて、って言葉はこれから絶対言わないでおこう。

今回のヒロイン元ホテトル嬢の亜由ちゃん、この人もひどい目あってますな…幕間に繰り広げられる鳩と亜由のぎこちない心の交流なんだか微笑ましかっただけに…こう来るか…!
……亜由ちゃんは、鳩を(恋愛感情じゃなくても)好きだった、んでしょうけどね。

で、日本の若者代表(と言うには彼はあまりに自然にリベラルな珍しい人間なので、代表とは言い切れない)、一巻で鎖に繋がれちゃった亮司君は自分の中での立ち位置を割り切ったようで、自分の育ちのよさやら爽やかさを最大限に利用して鳩と一緒に情報を集めていたり…ますます転落人生。しかし意外と使える人だったんですね、亮司…。
その成長した亮司君も放任主義の飼い主雇い主、謎の男サーシャに対しては苛立ちと言うか駄々をこねる子供みたいに接してますね…意にも解されていないのが憐れと言うか…鎖を握ってくれて居りゃ楽なんでしょうが、サーシャは笑って「好きにしろ」だもんね。責任とるきは全く無い。しまいにゃ「いいこだ」でこチューされてるし(笑)ローティーンのスミレちゃんと扱いが一緒。
すみれちゃんはサーシャが別シリーズ「プラチナビーズ」でつれてきた子供ですが、子供化する亮司に反して彼は逞しく成長していきます。
はじめはただ無邪気で可愛い子供だったのが読みすすめるうちに段々と強かになっていきますね…裏主人公だよ。

そのすみれちゃんがテレビの大食い選手権に対して嫌悪感を露にするシーンがあるんですが、これを読んでからどうにも私はテレビの大食い選手権が視聴できなくなってしまった。国情が違うし、その選手権をやめたからってどうなるものでもないんですけど…やっぱり、不謹慎で不健全なことに思えて後ろめたさを感じちゃうんですよね。

タイからの怪しげな新種のドラッグ=ファービーも御登場。北京系マフィアとタイの要人も巻き込んで物語が動く第二巻、一巻に比べて舞台が出揃った感があり、本編の始まりな気がします。多国籍の勢力争いも本格化。誰が新宿を手に入れるのか…。ますます新宿が怖くなる一冊なのでした……新宿は足ば踏み入れたら五体満足では出てこられん、おそろしかところらしか……


追記:この間読み返すまで嘉瀬の兄貴とその忠犬一紀が出てきたことさえわすれていた…。三作目からかと…重要人物なのにごめんよ嘉瀬の兄貴、他の面々が派手な分、どうしても印象薄いんだよ……。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://yashiro5.blog40.fc2.com/tb.php/75-949df78a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。