スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしれえ!「七王国の玉座」ジョージ・RR・マーティン 

分類をライトノベルしましたが一般書でも良かったかな。
海外の王道大河ファンタジー。指輪物語程重くなく、しかしまさに権謀術数うずまく容赦ない、そして名前ありの登場人物がわんさか死ぬ、(作者が)恐ろしい物語であります。

舞台は季節が不規則にめぐる世界。統一国家〈七王国〉では、かつて絶対的支配を誇った古代王朝が駆逐されて以来、新王の不安定な統治のもと玉座を狙う貴族たちが蠢いている。北の地で静かに暮らすスターク家もまた、争いの渦を避けることはできなかった。父エダードが王の補佐役に任じられてから、6人の子供らまでが次第に覇権をめぐる陰謀に巻きこまれてゆく……怒涛の運命に翻弄される人々を描いた壮大な群像劇、開幕!
(早川文庫)


かつて一つに束ねられていた王国は求心力を喪い、貴族達がその玉座wp虎視眈々と狙っています。王妃の実家ラニスター家はその最たるもの。彼らに対抗する勢力として(今のところ)主軸に描かれているのが北の領主スターク家。

物語はすべて視点人物を通してのみ語られますので、読者は客観的に物語を追うことが許されません。しかもその視点人物が複数(大体十人くらいか?)いて、ころころ変わるので、だまされたぁ!と視点人物とともに頭抱えることがしばしば。正直者はほとほと馬鹿を観る世界よのう……。どの人物にも感情移入できる、ってわけではないのでお気に入り以外はすっとばしそうに…

……お気に入りは美形一族ラニスターの中にあって小鬼と言われる発育不全のラニスターの子息ティリオンとか、私生児ジョンとか。彼らあたりが主人公に近いのかなって気もしますが。
さらに一番気になっているのは亡国の王女デーナリス。
近親相姦が伝統のターガリエン王家は銀色の髪藤色の瞳、一種異様なほど美しい容姿を持つ龍の後裔にして旧王家。しかし…ドラゴンは一世紀前に滅び、彼女の一族も今は愚かで傲慢な兄と彼女を残すのみ。
最初は操り人形の彼女が遊牧民の夫と結婚し苦難を経るごとに段々強くなっていくのが…いい!
最後は鳥肌立った~
デヴィッド・エディングスのエレニア記より重厚な感じ。
あっちは絶対死なない人も何人かいたけど、……こっちは皆死にそうでハラハラします。

王権の話だけでなく、壁と言われる不思議な巨大建造物の向こうでは、久々に訪れる冬とともになにやら超常現象が起こっている様子でそれも気になりますね。
これからどーなるのかすごい楽しみではあるんですが……文庫本が第二部では出ていないので図書館で借りようかなーと……はーどかばーたかいお。

雰囲気はイギリスっぽいのでイギリス史好きな方には特におススメかも。

こういった中世風異世界ファンタジーをライトノベルなイラストで再販するのが今早川では流行なんですかね。オタク層とりこみ。でもそうすると普通の人は手に取りづらいんじゃあないのかな。
七王国は漫画絵より劇画調でしたけど。まあ、私はオタクなので無問題~。


banner_02.gif
ランキング参加中

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://yashiro5.blog40.fc2.com/tb.php/77-46e05719

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。