スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と平和はどこだ?「パッチギ!Love&Peace」 

井筒監督がエリカ様についてインタビューされて
「しらねえよ!」
と言っていたので、そういえばパッチギにエリカ様出てたなあとおもってパッチギ借りたら2だったというオチ。
エリカ様がいないよー…。
主演の人はかっこいいですなあ。

内容として、バイオレンスシーンや家族の愛情はみてていい感じなんだけど、何でもかんでも日本の所為かよ~?って
日本にされた悪いことは非常に細かく肉片とともに描写するくせに済州島から韓国人がきた理由(同国人による差別虐殺)とかは一言でスルーかよ!とか。

自分が不幸な主人公が行うすごい迷惑行為
・漁業権のある海で不法に漁を行い開き直り
・死ぬつもりで超危険運転
・心配してくれた病院関係者に悲しみのあまり過剰な八つ当たり

……うーん、駄目じゃんあの家族。ヤクザ映画でよくある手法だよね…

監督はその駄目さを表現したかったの?子供が筋ジスなのも、別に国籍の所為じゃないし。なんか不幸なのは全て国籍の所為!って感じでさ

あと、最後が一番納得いかなくて。
その台詞だけ聞くととてもいい台詞で共感できるのですが。

せっかく作り上げた映画を舞台挨拶で駄目にしちゃうヒロイン。
あの映画はクソだと思うけど、ポリシーに反するならはじめから出るなよ受けたなら最後まで遣り通せ仕事を投げ出すなよ。しかも、監督と寝てまで(強要されてないのに)獲った役なのに!
というスッキリしない感が。井筒監督は差別とを嫌っているけども
加害者=日本人というステロタイプに対する被害者=韓国人というステロタイプという固定観念に彩られた映画だったように思いました。

単に不幸な被害者主人公を描きたいがために、韓国社会を題材としてんの?って気分になった。


なんか蛍の墓で兄弟二人が知人の家を出て困窮して結果死亡する…
「いや、戦争じゃなくってお前達が家を出た所為だろう?」
って批判があったけどそんな気分。

パッチギは何を訴えたい映画なの?
とりあえずラブもピースもなかった。
同じ在日映画なら私はやはり「GO」がいいなあ。あれは面白かった。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://yashiro5.blog40.fc2.com/tb.php/86-f75e55fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。