スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多座「マリー・アントワネット」涼風真世/ミヒャエル・クンツェ 

涼風真世主演?の群像劇、マリーアントワネットを観劇してきました。
若手スター、井上芳雄さんと帝王、山口祐一郎を生で観るのが初めてだったので嬉しくって。

しかし、期待したほど山口さんの出番は無く…(笑)ストーリー的に彼は必要だったのか???いらなかったんじゃ…いやいや、歌唱は素晴らしいんですけど狂言回しは山路さんだけでも良かったんじゃ??と思ったりも。

ストーリーは光と闇、二人のMA(マリーアントワネットと下町の娘マルグリット・アルノー)を対照的に、革命期の人間の怖さなどを描いた作品。

まー、多分ストーリー的にはだめだよね?(笑)
整合性ないし、いつマルグリットとオルレアン公(王位を狙うルイ16世の従兄弟)が出会ったのかわかんないし、全部「あれー?いつのまに??」って感じなのと…色々。唐突。あと客席使いすぎてちょっと現実に戻りすぎた~。あれは個人的に好き好きがあるでしょうけど、一幕に一回くらうでよかです。ほんと1メートルの距離で山口さん拝見できたのはめっけもんでしたが。(隣の隣のおばちゃんとハイタッチしてらしたw)

で、一番気にかかったのが…二人のMAって割にはあんまりマリーとマルグリットの繋がりに重きが置かれてないような…イニシャル同じにしたのってタイトルロゴを綺麗に決めたかっただけなんじゃ…。
テーマがマリーの成長と愛とマルグリットの強さと、民衆の怖さと…詰め込みすぎて拡散しちゃった印象。クンツェ氏のエリザベートは「自由」というテーマがあるからわかりやすいんですが、やっぱり群像劇って難しそうだなーとおもいました。

ただ、最後のシーン、怖かったな。
人間は、本当に他者を許せない生き物なんだな…と最後処刑シーンのブーイング、すごい怖かった。全て負のベクトルがマリーに向けられてて、本当に恐怖でたまらなかったんじゃないでしょうか。
彼女は愚かだったけれど、彼女自体が全ての罪を犯したみたいな思われ方だったんだよね…。群集心理って怖い、と思いました。

キャスト、皆さん素晴らしかった!
まず涼風さん!一部の浅はかなで愛らしい女王時代から二部のマリーへの転換、母として最後の王妃として毅然とたつ気品溢れる姿から、フェルセンに縋る女性としての痛々しい姿も…すべてが輝いておられました。
シルエットの綺麗なこと…やっぱ美は力だわ!顔小さいのな!
歌も男役をやっていたとは思えない「女性の」歌でした。いいねえ~。

マルグリットを演じる新妻さん、綺麗な高音で耳に残るのです。きれかったー!
井上芳雄さん。も、色気だだもれの王子さまでしたね。マリーじゃなくても惚れてしまう…(笑)
国王陛下の石川さん、国王に生まれついてしまった凡人の悲哀を感じました。マリーが女王として目覚めて「国は終わらない」と言っているのにあくまで「(息子は)終わらない」と言っているどこまでも個人にしかなれなかった…という…。かみ合ってない夫婦に涙。
人が良いけれどもあくまで国民を信じようとする王としての石川さんも好き。ラブ。
そして、やーっぱ好きだわ高嶋政宏さん!眉毛なしめいくにもびびりまくりでしたが、行進する(民衆をあおって客席を行進されるのです)横顔が!美しいのです。たまらんかった。

もー、山口さんも山路さんも、生で大好きな方々を観れて、リフレッシュさせて頂きました。

堪能しました!

チェオクの剣/韓流ドラマ 

の剣いっきにみた
というのはちょっとうそで


八話までみて時間がないのでとばして(飛ばしすぎ)最終回をみたでござるよ!話が繰り返すので、十分話わかって楽しめました。どうなの、それ。

ワイヤーアクションとか武夾とかそういった面では面白いんですけど、単純に話で行くと進みが遅くてチャングムみたいな壮大な話を期待してるとちょっとがっかりかも。チャングムははまって何度も泣いた。
序盤、強調されたユン武官とチェオクの報われない思いってのがあんまりタブーに感じなくて、(チャングムは女官は王の女だから結婚しちゃ駄目ってのが大前提であったしね、チャングムは奴婢だし)アンタラそんなにお互いが好きなら、よ……と何度も突っ込まずに入られなかった…身分たってなー低いといわれつつチェオクは誰にでも大事にされすぎだし…誰が見ても序盤相思相愛のユンとチェオク。せつなさよりももどかしさを感じてしまいました…。ホント、何故そこで遠慮するかなユン武官ッ。と何度テーブルを叩いたことか!個人的にはユン武官につれなくされ「お前なんて女と思ったことねえよ!(意訳)」と言われちゃうナニお嬢様が一番カワイソス。いい人なのに…
やっぱ女は顔か!

あと主人公達が人を呆気なく殺してておお、まさに武夾ーと思いました。ちょっと違うか。チェオクがいつもぼろぼろで、体張ったチェオクは可愛くてかっこよかったです。惚れた。
最終回、(ネタバレします)

続きを読む

薬屋探偵「緑衣の悪魔」/高里椎名 

薬屋探偵。
三人の妖怪が怪奇事件。もしくは本当の事件を解決しながら人間界の片隅で生きていく小説


まあ、ぶっちゃけ萌ノベル


推理も半端だし、萌としても半端だし…むー

ネタバレありですが…

続きを読む

もう何言っても無駄かなあ。 

【中国】香取慎吾の映画『西遊記』に中国ブロガー怒りの声

 SMAPの香取慎吾主演で製作が進んでいる映画『西遊記』(澤田鎌作監督)に、中国のブロガーらから非難の声が挙がっている。同作は中国の寧夏回族自治区で10月にクランクインしたことが中国でも報じられ、話題になったが、「三蔵法師を女性に変えてしまった」「中国の文化遺産である原作を侮辱している」というのがその論調だ。17日付で信息時報などが伝えた。

 報道によれば、ブロガーたちの間で最も不満が大きいのは「三蔵法師を女性が演じている」という点。他にも「ストーリーやキャラクター設定が原作と大きくかけ離れており、悪ふざけが過ぎる」「孫悟空にスカートを履かせている」「猪八戒が大きな帽子を被っていてイメージが違う」といった意見が出ている。

 中国でも、この作品が06年初に日本で放映された高視聴率ドラマの映画版だということや、西遊記が日本で過去、数回にわたってドラマ化されてきた経緯は伝えられている。中国各紙はこの映画の撮影に協力している上海電影集団の「確かに悪ふざけの要素はあるが、中国と日本では文化が違う。彼らが作ろうとしているのはファッショナブルな要素を盛り込み、若者の注目を集める作品だ」とのコメントを掲載するなど、比較的冷静なトーンで報じている。(編集担当:恩田有紀)



西遊記で駄目なら最遊記とかどーなんのよ(笑)
三蔵様が銃ぶっぱなしてっぞ。冒涜じゃんwしかし、あれはあれでちゃんと背景とか原作に沿ってるからいいのか?
一字違いだからオッケーなんすか。教えてエロイ人。
そもそも法的措置って著作権ないから、どーやってすんのー?

西遊記を観て中国を好きになる日本人は多いと思うんだけどな。過剰に反応するのは嫌いな奴の欠点見つけてここぞとばかりに叩く中学生とよく似ている。まあ。要するに日本って嫌われてんだなーと改めて認識するニュースですね。
あれが古典そのものって思うような人間は少ないだろうし、中国を侮辱する意図はないしむしろ中国に行ってみたい!もっと知りたい!って若者が思うきっかけとしていいんじゃないかと思うのだけど中国人的にはどうなんだろうか。
そう簡単に思うのは古典パロに慣れきっている日本人だからかね。

中国も対抗して源氏物語パロとかかぐや姫パロとかしたらいいじゃんね。著作権侵害の海賊版ばっかじゃなくて(笑)

わかんなーい 

最近ちゃんとしなきゃなーとおもっておべんきょはじめてみたんですが、いっちょんわかりません。
ウヘァ~使ってない脳みそ使わなきゃ。

今度兄が結婚するとかで、周囲もあわただしくなりまして。兄が結婚したらひょっとして一人暮らしだし、(家追い出されたら暮らしていけん)そろそろ自分の未来(老後?)も真剣に考える年令なんだなーこのままだと一人孤独死だなーと子供生んだ友人を見ながら危機感を感じてしまった。赤ちゃん可愛かった…!
今の会社にしがみついていても一人で生きていく年収はないけど、(主婦だったら十分なんでしょうが)ここにしか拾ってもらえなかった無能な自分を変えるべきだ。正社員じゃなきゃ絶対に不安だし、派遣でそのうちスキルアップ…なんて器用なことは私には出来そうもないしなー
時間は作れば何とかなるんだから、転職に有利な資格ゲットしたい。資格=成功じゃないけど、なんもやらんよりまし、でしょうかね。

ワタクシめは、旦那の収入に胡坐をかきつつ、てきとーに二人の馬鹿娘と馬鹿息子を育て、せんべえかじりつつワイドショーを観て真剣に議論し、ママさんバレーに所属しさらには姑の愚痴を日記に書き付ける有閑マダム(?)になるのが夢なんですが…なんかそれが一番無理な気がしてきた…。結婚は一人じゃ出来ないしな(笑)

一人で孤独死しないように、老人ホームに入る金が欲しいナリ。

先日お話しする機会があった年上の独身女性が専業主婦を「ズルイ、働かないのに」とものすごく嫌悪していたんだけど、それが出来そうにない自分には専業主婦になるのも一種の才能だからいいんじゃねーかと思う。貢がせるのも才能のうち。守らせるのも才能のうち。
その才能がないなら、一人で確実に生きる道を早めに模索するべきだ。

ってわけでがんばろーっと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。